事業方針

平成30年度グリーンビラ夜久野事業方針

 

平成29年度は社会福祉法人制度の改革が本格的にスタートし、当法人においても定款変更等を行い、理事や評議員の改選等様々な取り組みを行った他、職員が働き甲斐を持てるように給与規程の見直しを含めた規則・規程の改正を行ってきました。
本年度に於きましても社会福祉法人制度改革の趣旨を理解し、地域の高齢者の皆様が住み慣れた地域でいつまでも安全で安心して生活していただけるよう、引き続き質の高いサービスの提供を進めると共に、夜久野地域の唯一の高齢者福祉施設である点からも、施設が有する機能や資源を地域に還元するなどの地域貢献活動にも更に積極的に取り組んでまいります。
法人としての具体的な取り組みは、平成28年度に策定しました「第2期長期計画」に掲げていますが『利用者に満足していただける施設作り』『安定的経営の確立』『職員が働き甲斐をもてる職場づくり』『地域から信頼され、愛される施設づくり』の4つ柱を基本方針として、次の7つの事業活動方針に沿って継続的に、積極的な取り組みを進めます。
夜久野町地域の平成30年1月1日現在の世帯数は1,535世帯、人口は3,462名、内高齢者人口比率は48.7%となっています。その内、65歳以上の一人暮らし世帯数は200世帯と町内世帯数の13%を占めており、新聞報道では、今後20年後には全世帯の約4割が一人暮らしになるとの予測が報告されています。今後も高齢の一人暮らしが急増することが見込まれることから、「地域住民のお互いがつながる仕組みづくり」が喫緊の課題であり、今後当法人としても関係団体等とも連携しながら支援体制の仕組みづくりに努力します。

平成30年度グリーンビラ夜久野事業方針 

 

 

平成29年度グリーンビラ夜久野事業方針 

平成28年度グリーンビラ夜久野事業方針